五月病

スポンサードリンク

五月病は病気なのでしょうか?

五月病

5月は大学生や社会人も新しい生活を送りはじめてから1ヶ月。
ちょうど新しい環境にも慣れ始める頃です。

 

しかし、新生活へ順応するための疲れや人間関係などのストレスを感じはじめ、無気力や意力のなさを感じ始めることもあります。

 

まるで鬱病にでもなったような症状を感じるほどです。このような症状は『五月病』と言われています。

 

五月病の始まりは、学生特有の病気として知られていましたが、現在は社会人にもみられる病気になり、新人研修が解ける6月頃にこのような症状が出始める人もいます。そのため、『六月病』といわれることもあるほど。

 

しかし、五月病は正式な病気とは認知されていないようです。
ですから医学的な正式名称がなく、定義も決まっているわけではありません。
しかし、一般的にはこのような時期にこのような症状がでることを五月病、もしくは六月病と呼んでいます。

 

おそらく現代でこのような症状で病名をつけるとすれば、『適応障害』という精神的な病気に部類されるようです。

 

適応障害とは

適応障害とは、五月病のように、環境が変わった時についていけないことや、新しく出会った人となじめないこと、また目標を達成し次の目標を見つけることができず何をしたらいいのかわからないという症状で、
一言でいうと、新しい環境に対する理想と現実の差に動揺したり、悩んだりしてしまうことです。

 

五月病の症状と同じですね。

 

しかし、適応障害は決まった時期に起こる病気ではありません。


 

スポンサードリンク

五月病は病気なのか?関連ページ

五月病になりやすい人は?
五月病になりやすい人には、いくつかの特徴があるみたいです。でも、自分が当てはまるからといって心配しないでください。対策法はあるのです。
五月病の症状
五月病の症状について紹介しています。これらの症状を感じる場合は五月病かもしれませんので、ストレス解消のため、対策をとっていく必要があります。
子供も五月病になるのでしょうか?
子供でも五月病の症状が現れることがあります。親や学校の担任がしっかりと目を配り、子供の心身や行動の変化を気遣い、早期に対策をとるようにしましょう。
五月病を前向きに捉えてみませんか?
五月病は新生活に馴染もうと頑張ってきた心身の疲れの証です。五月病を前向きに捉えることにより、早く改善することが出来ます。
五月病と診断されるのでしょうか?
そもそも五月病という診断はあるのでしょうか?また、どのようなことが五月病の対策になるのでしょうか?
五月病をセルフチェック
五月になり、体調や気分が悪くなった時は五月病を疑ってみてください。自分で判断することが難しい場合は「五月病診断サイト」を利用することも一つの手です。