五月病

スポンサードリンク

子供も五月病になるのでしょうか?

五月病

五月病は社会人や学生がなるものと思われがちですが、子供でも症状が現れる事があります。

 

これは、新学期が始まり新しい友達などに馴染むことができずに、必死に頑張ってきた結果、やる気が失せてしまい登校拒否等になってしまう事があるそうです。

 

もちろん、新環境になじむ事は大変重要なことですが、ここで必死にならずに自分のペースで生活していくことが五月病予防の一つの手段です。

 

環境には時間が立てば慣れていけますし、自分のペースを保ちながら調整していくことも大切です。

 

万が一五月病になり症状が重くなってしまったら、学校や市のスクールカウンセラーに相談したり、専門の医師に相談してみるといいでしょう。

 

 

五月病は大人でも大変辛い事ですので、子供がこれに一人で耐える事はもっちつらい事です。
親が頑張らなくていいよ。と言っても子供は環境に馴染むために一生懸命になるはずです。

 

そのため、親はもちろん学校の先生などもしっかりと目を配り、体調などの変化に気づいてあげれるようにしましょう。

 

辛そう、体調が悪そうなど見つけてあげることで、休みを与えリフレッシュさせることができます。
また、休む事で色々な話を聞いてあげることもできます。

 

子供は、自分の行動を制御できずにどうしていいのかわからないこともあります。
そのような行動の変化もしっかりと見つけてあげる事で、心の変化に気が付くことができるのです。

 

この様な子供の行動の変化を見ることは、五月病だけに限った話ではありません。
いじめや喧嘩などの問題にも対応できることなのです。


スポンサードリンク

子供も五月病になるのでしょうか?関連ページ

五月病は病気なのか?
五月病は病気なのでしょうか?五月病うを正式な病名に当てはめるとしたら、『適応障害』が最適でしょう。
五月病になりやすい人は?
五月病になりやすい人には、いくつかの特徴があるみたいです。でも、自分が当てはまるからといって心配しないでください。対策法はあるのです。
五月病の症状
五月病の症状について紹介しています。これらの症状を感じる場合は五月病かもしれませんので、ストレス解消のため、対策をとっていく必要があります。
五月病を前向きに捉えてみませんか?
五月病は新生活に馴染もうと頑張ってきた心身の疲れの証です。五月病を前向きに捉えることにより、早く改善することが出来ます。
五月病と診断されるのでしょうか?
そもそも五月病という診断はあるのでしょうか?また、どのようなことが五月病の対策になるのでしょうか?
五月病をセルフチェック
五月になり、体調や気分が悪くなった時は五月病を疑ってみてください。自分で判断することが難しい場合は「五月病診断サイト」を利用することも一つの手です。