五月病

スポンサードリンク

五月病かどうかセルフチェックしてみましょう。

五月病

五月病の症状は、社会と一種の拒否反応を起こしていると言えるかもしれませんね。

 

そして、これは新生活をはじめるなど、環境の変化によってかかりやすいので注意してください。

 

多くの人は4月から新生活をはじめ、5月にゴールデンウィークを迎えます。
この長期休暇をきっかけに、無気力になったり、気分が落ち込んだりしてしまいます。

 

さらには、何に対してもやる気が起きず、うつと同じような症状が出たりします。
そのため、登校拒否や出社拒否ということになる人もいます。

 

このような状態になった場合は五月病をまずは疑いましょう。
五月病は、だれにでもなる可能性がありますし、活発な性格な人ほど、理想と現実のギャップについていけず五月病に陥ることがあるのです。

 

五月になり、気分に変化があったり、体調に変化があったらまずは五月病を疑ってください。
これは自己ではなかなか判断することができないかもしれません。
「この位で病院に行っても仕方ない」と思う人も多いはずです。

 

そんな時に便利なのが「五月病診断サイト」です。
これはインターネットで検索するとたくさんヒットしますので、是非活用してみてください。
ただし、このサイトが100%正しい判断をするという保障はありませんので、あくまでも参考程度に考えてください。

 

自分で把握し、改善しようと思った所から対策が取れますし、早めに手を打つことが大切です。


スポンサードリンク

五月病をセルフチェック関連ページ

五月病は病気なのか?
五月病は病気なのでしょうか?五月病うを正式な病名に当てはめるとしたら、『適応障害』が最適でしょう。
五月病になりやすい人は?
五月病になりやすい人には、いくつかの特徴があるみたいです。でも、自分が当てはまるからといって心配しないでください。対策法はあるのです。
五月病の症状
五月病の症状について紹介しています。これらの症状を感じる場合は五月病かもしれませんので、ストレス解消のため、対策をとっていく必要があります。
子供も五月病になるのでしょうか?
子供でも五月病の症状が現れることがあります。親や学校の担任がしっかりと目を配り、子供の心身や行動の変化を気遣い、早期に対策をとるようにしましょう。
五月病を前向きに捉えてみませんか?
五月病は新生活に馴染もうと頑張ってきた心身の疲れの証です。五月病を前向きに捉えることにより、早く改善することが出来ます。
五月病と診断されるのでしょうか?
そもそも五月病という診断はあるのでしょうか?また、どのようなことが五月病の対策になるのでしょうか?