五月病 気分障害

スポンサードリンク

五月病と気分障害

五月病,気分障害,原因

五月頃に、モチベーションが出ない、気分がすぐれないという症状がでた場合、一般的には『五月病』といわれています。

 

五月病は、人に相談したところで真剣に向き合ってくれることは少なく、時間が解決してくれるといわれてしまうことがほとんどです。

 

しかし、本人も他人も五月病と思っていても実際は精神的な病気で、気分障害である場合もあります。
症状も五月病と同じで、誤解されやすいです。

 

気分障害で知られているのは、『うつ病』という病気があります。
そして、双極性障害という病気もあります。
これは、明るい状態なのに、鬱状態と躁状態を繰り返す病気です。

 

そのほかにも『気分変調症』という病気もあり、これは2年以上という長い期間で体調がわるくなる病気です。
この病気は、症状が割と軽いので、重い病気ではないと思われやすいので、時間が解決してくれる病気と思われがちです。

 

そして、うつ病は昔と現在ではとらえられ方が変わってきています。
昔はまじめで細かい人がかかる病気という印象が多かったのですが、現在ではそんなことはなく、誰でもかかってしまう病気といわれています。

 

普段の生活では明るい性格でいられるのに、仕事の時はうつ状態になるというのはよくあるパターンですが、
これは五月病と間違えられることが多いですので、自分自身注意して体調の変化を観察する必要があります。
また、心療内科などの専門医を訪れるといいでしょう。


スポンサードリンク

五月病ではなく気分障害かも?関連ページ

五月病の原因
五月病の原因とは?多くの方は新生活によるプレッシャーやストレスから五月病に陥ります。
五月病の原因はストレス
五月病の原因にストレスが挙げられます。新生活に足を踏み入れてから一ヶ月後のこの時期に、ストレスがたまる原因が多々あります。
年間を通して見られる五月病
五月病は春にかぎられた病気ではありません。実は、一年を通して発症する可能性があるものなのです。
五月病は季節病
五月病は季節病とも気象病とも言える類の病気です。気候の変化が原因で五月病の症状が出る可能性もあります。
五月病は現代病
五月病は現代病とも言われています。欧米化した食生活や情報化社会のストレスが原因とも言われています。